これまでの実績

鎌倉市立中央図書館「近代史資料収集室」の平田さんの指導のもとに
課題を設けて、4〜5年ごとの周期で調査記録をまとめてきました。

・第一回目は「鎌倉の今昔」<写真に見る史蹟碑>
市内83ヶ所に点在する史跡碑を、昭和初期の古写真と定点
撮影しました。現在の写真とを対比して、アルバム4冊分を完成させました。

・第二回目は「鎌倉・太平洋戦争の痕跡」「鎌倉の忠魂碑と記念碑」
陸海軍の陣地構築の痕跡、軍事関連施設を調査して、記録として
まとめました。作業の途中で鎌倉は米軍の都市空襲目標第124番に
上げられていることも知りました。

夫婦池公園にある防空壕あとの説明版(CPC調査の紹介)
拡大図

・第三回目は「鎌倉の谷戸の調査」
鎌倉時代以降、谷戸の自然の地形を生かしながら寺院や武家の
屋敷が造成されてきました。時の流れと共にかっての寺院の多くは
廃され その跡地は畑となり、さらに現在では住宅地へと変遷を遂げています。
しかし今でも谷戸には昔ながらの地名が残っています。 まず、旧市内に限定し、
57か所の谷戸を歩き、「鎌倉 谷戸の記録」上巻・下巻)としてまとめました。
「鎌倉 谷戸の記録」は鎌倉市図書館鎌倉本コーナーにて閲覧できます。また
借用も可能です。

・表彰
2011年7月20日7月20日鎌倉生涯学習センターでの鎌倉図書館開館100年の
記念式典において表彰されました。同7月20日〜26日迄、これまでの活動実績を
パネル(13枚)小冊子で展示  しました。期間中多くの方にご来場いただき、
パネル、小冊子を熱心にご覧いただきました。

表彰式・展示会写真

湘現会ホームページに戻る(PC向け スマートフォン向け)